家を売る時に必要な書類

MENU

家を売る時に必要な書類一式

家 売る 書類

 

家を売りに出したものの、購入希望者が現れてからあわてて書類を探したり準備するのではスムーズに手続きができません。

 

家を売ると決心した時に、買主が決まるまでにきちんと準備しておきましょう。

 

また、不動産会社によっては代わりに用意してくれる書類もあります。

 

 

イエウール

1分間の入力だけで、最大6社の査定額が比較できます。

 

住所と物件所在地、

 

おおよその間取り、築年数を入力するとすぐに査定スタートです。

 

国内で1200社を超える不動産会社が参画しているイエウール、相場よりも高く売れる不動産売却サイトです

 

イエウールはこちら

 

 

不動産会社に売却依頼するときに必要な書類

 

・不動産屋の営業マンが丁寧に教えてくれますが、基本的な事は自分でもわかるようにしておきましょう。

 

 

土地測量図

 

一戸建てを売る時に必要な図面になります。

 

土地の面積や境界線の位置が記載されている図面です。 
境界線がはっきりしていないと、後になってお隣さんとのトラブルの原因になりますので、境界線がはっきりとしていない時は、お隣りさんとちゃんと話し合って境界線を決めて測量図を作成しておくべきでしょう。

 

測量図を作成してもらう場合は、もちろん測量士に依頼する必要があります。

 

 

 

 

わかりやすいように下記の表にまとめました。


 

家 売る 書類
書類の項目 一戸建て マンション
登記簿謄本

売買契約書

 

 

 

 

-

 

※ 権利証を紛失している場合、再発行できません。よって、不動産業者に前もってお伝えしておく必要があります。

 

 

 

不動産業者に売却依頼する時に要る書類一式

書類の項目 内容 一戸建て マンション
身分証明 免許証等

実印 所有名義人の実印が必要

印鑑証明書 3か月以内の証明書が1通

住民票 現住所と登記上の住所が違う場合

ローン残高証明書 物件のローンが残っている場合に必要です。

土地測量図・境界確認書

一戸建ての場合は必要
マンションの場合は不要

-

 

 

 

建築確認済証や検査済証

建築確認済証
戸建ての売買に必要な証書で、物件が建築基準法に則って建築されていることを証明してくれます。

 

現地で実施される検査によって合否が確認された後に検査済証が発行されます。

 

この証書の存在は、買主からの信頼度アップに貢献してくれます。

 

 

 

家を高く売るための第1歩は 相場を知る事です!

不動産一括査定サイトなら、無料査定で相場が一発でわかります!
2分程度の入力作業でカンタンに依頼できるので、まずはココからスタートして下さい。

※机上査定を選ぶと業者がお客様の元へ訪問することはございません。



国内で1200社を超える不動産会社が参画しているイエウール、相場よりも高く売れる不動産売却サイトです

イエウールはこちら